院長あいさつ

9歳の頃より両親の影響でバドミントン一筋の道へ。
15年の競技生活終了後、自身の選手経験を活かし、
スポーツ選手をサポートするために鍼灸師の道を志す。

鍼灸師の資格取得後は、スポーツ選手の治療に携わり、これまでの経験を活かし、選手の心と身体のケアに携わってきました。結婚後、なかなか赤ちゃんを授からず、不妊症であることに気が付き、病院で検査をしたところ、卵巣機能不全、下垂体機能低下症と診断されました。夫も乏精子症、精巣静脈瘤と診断され、不妊治療をスタート。タイミング法、人工授精8回、体外受精(顕微授精)3回、2度の流産を乗り越え、鍼灸治療にて体質改善をし、自然妊娠にて長男を出産しました。
翌年、2人目を自然妊娠するも、妊娠中に無理をしたことから、蛋白尿、妊娠糖尿、切迫早産、お腹の頻繁な張り、溶連菌感染症に…36週に逆子と診断されました。そこで、マタニティートラブルに対処するために、鍼灸治療を受け、37週に逆子が治りました。また、安産に向けての身体作りのために毎日お灸をし、陣痛付けの鍼灸を受け、子宮口が柔らかく開きやすい状態を目指しました。その甲斐あってか、子宮口の開きが良く、会陰切開なしの安産にて次男を出産しました。
2015年、第三子の妊娠、翌月の12月に、長男に脳腫瘍が判明しました。進行性の失明の危険のため、抗癌剤治療がスタートしました。
元気に生まれた子がなぜ?失明?弱視?と次々と不安がおしよせ、精神的にボロボロの状態でした。
そんな中でも私を救って下さったのは、「彼の人生を決して悲観してはいけません。みんな弱視でも元気に明るくすごしています」と声をかけて下さった脳外科の先生の御言葉。
こんな精神不安定な妊娠(婦)を「何かあったら24時間みるから、長男のそばにいて、入院中付き添いしてあげなさい」と言って下さった産婦人科の先生の御言葉。だからこそ無理をしたわけではなく、お腹の赤ちゃんと、自分の身体をしっかりと向き合い、すごすことができました。
大学の先輩、後輩、小中高の友人の支え、たくさんの人の温かさも感じ、子供の闘病・仕事と両立することができています。
これから先、何が起きるかわかりません。でも、どんな時でも、現実を受けとめていくことはできなくても、気持ちは上がったり下がったりしながらでも、前に進んでいき、人として、母として、治療家として成長できたらと思っています。
今後は私自身の経験をもとに、不妊症の方、妊娠中の方、子育て中の方、日常の疲れを感じている方のサポートしてきたいと思っています。

院長プロフィール

院長
日本体育大学卒業
東京医療専門学校 鍼灸マッサージ科卒業

鍼灸あん摩マッサージ指圧師
日本不妊カウンセリング学会認定 不妊カウンセラー
NPO法人 不妊カウンセリング学会 会員
東京スキンタッチ会
大師流小児はり会員
NPO法人日本妊産婦整体協会会員
中学・高校・第一種保健体育教員免許

都内スポーツ鍼灸マッサージ治療院にて
研修スタッフとしてスポーツ選手のケアを担当
都内不妊専門鍼灸院 3年勤務
(自身も不妊治療を経験し鍼灸治療にて体質改善し妊娠、出産)
都内マタニティー専門鍼灸院 研修スタッフとして勤務
妊娠、出産を機に往診治療を始める
荻窪の自宅にて開業


kodakara